SSブログ

新国立劇場 オペラ「魔笛」 [オペラぁ!]

タイトルなし.jpg
新国立劇場のオペラ「魔笛」は2018年の初演以来4年ぶりの公演。
演出については2018年公演のレビューで書きました。↓
あまり印象に残っていないのは、映像を多用しているため、その場の臨場感はあるのですが、記憶が深く留まらないのではないかと思います。

キャストはコロナ禍という事もあってか全て日本人。
タミーノ役は新国立劇場「さまよえるオランダ人」の舵手役を歌った鈴木准。
パミーナ役は新国立劇場「愛の妙薬」のアディーナ役を歌った砂川涼子。
パパゲーノ役は東京二期会「フィガロの結婚」のフィガロ役を歌った近藤圭。
夜の女王役は新国立劇場「ばらの騎士」のゾフィー役を歌った安井陽子、2018年公演でも同役。
どれも今年の公演でキャスティングされています。

東京フィルハーモニー交響楽団を指揮したのはオレグ・カエターニ、
スイス生まれですが父親はウクライナのキーウ生まれの指揮者マルケヴィッチ。
カーテンコールでは足元がおぼつかない感じでしたが、
御年65歳。17年前の2005年にミラノスカラ座で「オテロ」観て、
端正な指揮だと思った記憶があります。
また観れて良かった。

2005年ミラノスカラ座「オテロ」公演レビューはこちら↓
https://turlinco.blog.ss-blog.jp/2005-06-08

2018年の新国立劇場「魔笛」公演レビューはこちら↓
https://turlinco.blog.ss-blog.jp/2018-10-04

2022年4月18日 新国立劇場 オペラ「魔笛」
Die Zauberflöte Music by Wolfgang Amadeus MOZART
スタッフ
【指 揮】オレグ・カエターニ(Oleg CAETANI)
【演 出】ウィリアム・ケントリッジ(William KENTRIDGE)
【美 術】ウィリアム・ケントリッジ、ザビーネ・トイニッセン(Sabine THEUNISSEN)
【衣 裳】グレタ・ゴアリス(Greta GOIRIS)
【照 明】ジェニファー・ティプトン(Jennifer TIPTON)
【プロジェクション】キャサリン・メイバーグ(Catherine MEYBURGH)
【再演演出】澤田康子
【舞台監督】村田健輔

キャスト
【ザラストロ】河野鉄平
【タミーノ】鈴木准
【弁者・僧侶Ⅰ・武士Ⅱ】町 英和
【僧侶Ⅱ・武士I】秋谷直之
【夜の女王】安井陽子
【パミーナ】砂川涼子
【侍女I】増田のり子
【侍女Ⅱ】小泉詠子
【侍女Ⅲ】山下牧子
【童子I】前川依子
【童子Ⅱ】野田千恵子
【童子Ⅲ】花房英里子
【パパゲーナ】三宅理恵
【パパゲーノ】近藤圭
【モノスタトス】升島唯博

【合唱指揮】三澤洋史
【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団
Conductor: Oleg CAETANI
Production: William KENTRIDGE
Set Design: William KENTRIDGE, Sabine THEUNISSEN
Costume Design: Greta GOIRIS
Lighting Design: Jennifer TIPTON
Projection Design: Catherine MEYBURGH

nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。